婚期が遠のく「受け身すぎ女」の末路

受け身すぎる女性は、なぜ上から目線なのか?なぜウザいのか?婚期が遠のく理由とその対処方法をお伝えします。

男性評論家曰く

世の中には、男の採点や批評をはばからない女性がいます。

「あの男はケチ」「あの男はキモい」「あの男は…」

まるで自身が絶対的な神であるかの如く態度で男を査定し始めます。

そして決まってダメ出しばかりで、相手の長所や自らの反省点は含まれていないのです。

こういった態度の女性を見て、男は大概不機嫌になります。

「何様なんだ…」

それも致し方ないでしょう。

なぜならば、この手の女性たちは、女も男を採点しているが、男もまた女を採点している事実を忘れているからです。

受け身すぎる異性は嫌われる法則

男子学生が「クラスのかわいい女子ランキング」を作ってひんしゅくを買うように、女性が男性を大っぴらに格付けすることもまた嫌われるのです。

そんな評論は胸にしまっておけば良いのですが、いかんせんキモい男女は批評家になりがちです。

自分のことはさて置いて、他人に対しては厳しく評価するのです。

反感を買うに決まっています。

なぜ、このような受け身すぎる女性が現れるのか、至って不思議ですが、共通項としては「プライドが高い」「失敗したくないので行動を起こさない」傾向があると思います。

プライドが高すぎて行動を起こせない。ゆえに恋愛シーンでは消極的だが口だけは一丁前。プライドの高さゆえに態度はでかい。

こうなってしまっているのではないでしょうか?

若い子と美人は勘違いしやすい

その中でも、若い子と見た目の良い子は勘違いしやすいです。

若さでチヤホヤされているのに、「これは自分の実力で、この状態は永遠に続く」と思ってしまうのです。

どう見てもかわいい顔立ちでない女子高生でさえ、上から目線という子がいます。

なぜチヤホヤされているのか分かっていないのです。

また、仮にあなたが絶世の美女だったとしても、それは見た目がいいからであって、歳を重ねれば訴求力が落ちて「美人なのにどうして結婚できないの!?」ということになってしまうのは明々白々です。

「なんだ。謙虚に生きろという説教か」と思った人もいるかもしれません。

でも実際に大切なのは、完全な受け身から脱して、あなたもまた愛を与えることが大切だと言いたいのです。

無条件の愛こそ!

無条件の愛を与えれば、無条件の愛が返ってきます。

打算的な欲望を相手男性に求めれば、打算的な欲望が返ってきます。

愛されたいのであれば愛するという単純な理屈ですが、出来ていない男女が多くいます。

愛とは見返りのない愛情を内在しています。

あなたがもし、見返りを含む恋愛感情を「愛情」だと表現しているなら、それは大きな間違いです。

お金だとかスペックだとかを条件に加えている時点で、愛ではないのです。

お金を条件にすると体ばかり求められたり、それだけを求めるような男性としか付き合えなかったりします。

でもそれは、お互い様なのです。

今のあなたは、あなた自身によって作られているのですから。

若い子の場合は、この記事を見ても危機感は覚えないでしょう。

だから「この記事を書く意味はあるのか?」という自問自答を繰り返していますが、もし賢明な女性がいるとするならば、受け身一辺倒にならないように気をつけてみて下さい。

純粋に恋愛を楽しんで下さい。

無条件の愛を与えれば、あなたもまた深く愛されるのですから。

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件