女性からのアプローチは嬉しいよね!でも見逃し三振に注意して!

女性からアプローチされた!嬉しい!でもちょっと待った!あなたはそれだけで満足していませんか?せっかくのチャンスを逃す男性の多くが見逃し三振をしているので、注意が必要です。

わざとホームランボールを投げてくれただけ

女性からのアプローチの多くは、単に「絶好球を投げた!」というだけのことです。男性は、その球を振らなければいけないのです。

と、いうのも、来た球を振らずに見逃し三振をする男性がいるからです。

「女性からのアプローチ=自動的に恋愛が成功する」ということではないのです。

女性からアプローチを受けた際の大切なのは、最後の一押しは自分でやるということです。

例えば、「この日空いてるんだよね~」と独り言を呟いてきたら、「空いてるの?一緒にランチしない?」などと誘ってください。

最後の一押しは男性がやらねばならないのです。

故に完全な受け身の場合、その女性は「脈なし」と判断して去っていってしまうでしょう。

チャンスを生かすも殺すもあなたの一押し次第なのです。

恋のチャンスに飛びつけ

恋愛の名言にこんな言葉があります。

『恋のチャンスは熟れている時にもがなければならない果物のようだ』(ヴェルレーヌ)

ようするに、熟れた果物は木から落ちたらおしまいなのと同じで、恋のチャンスも脈があるうちにアタックして好きな人を逃してはならないという例えです。

…なんか例えがイマイチな気がするのは私だけでしょうか?(笑)

それはともかく、チャンスは逃してはなりません!絶対!

だって恋愛は、タイミングが重要なんですもん。

ちょっとアプローチしようか悩んでいたら、新しい恋人ができてしまった!ショック!ということはよくあります。

どういうわけかこういうことがよく起こります。

たとえその彼女があなたのことが好きだったとしても、他の誰かと付き合ってしまえばどうすることもできなくなるのですから、恋のチャンスには飛びつかなければなりません。

ここで変に格好をつけて焦らしても意味はないのです。

ですから、恋のチャンスは逃さないこと!

これを肝に命じてください。

タイミングを意識してください。チャンスを生かしてください。

チャンスは掴むためにあるのです。

ここで一句。

『いつまでも、あると思うな愛と脈』

特に女性からアプローチをされたら、しっかりと最後の一押しをしてください。

脈がありそうな時も、しっかりとアプローチしておいてください。

チャンスを逃さないようにしてください。

勇気が出ない?

もしあなたが「そうはいっても、勇気が出ないなぁ…」と思うのであれば、こう考えてみてください。

「もし、このまま他の男に取られたら…」と。

つまり、後々後悔することをイメージして、それを打ち消すために行動するように自分自身を仕向ければ良いのです。

保守的な方法ですが、奥手なあなたには最適な方法だと思います。

後悔しないために行動する。

これを日頃から習慣化しておくと、いざというチャンスの時にも行動ができるようになりますから。

絶好球が来たら、粛々とホームランにしてしまいましょう。

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件