他人の評価が怖いあなたへ贈る言葉

他人の評価が怖い、気になる、気にしたくない…。そういった時、一体どうすれば良いでしょうか?

他人の評価の問題点

まずもって、他人の評価の問題点を挙げたいと思います。

「他人の言うことなんて気にするなよ」と言えばその通りですが、その根拠を示したいと思います。

(1)他人の評価はあてにならない

他人の評価は全くあてになりません。

なぜならば、所詮は他者の価値観に基づく判断であって、常に適切な評論がされているとは限らないからです。

自分自身の好き嫌いを排してその人のために論理的に建設的に意見をする人がどれだけいるでしょうか?

結局は好き嫌いから出発して、適当に理論立てるということしかしないのです。

そんな他人の評価に耳を傾ける価値はありません。

他人の評価は適当なのですから。

(2)他人は口を出すが責任は取ってくれない

私が思う最も他人の評価を気にすることがバカバカしい理由がこれです。

他人は口を出すが責任までは取ってくれないのです。

価値観は押し付けるが責任は取らないというスタンスなのです。

こんな無責任な連中の声に耳を傾ける必要はあるのでしょうか?

ないに決まっていますね。

他人は適当に意見している上に無責任なのですから。

他人の評価を気にしない訓練

さて、他人の評価がいかにくだらないかがわかったところで、他人の評価を気にしない訓練を紹介していきたいと思います。これで、気にしすぎることはなくなると思いますよ。

(1)低評価の先回り対策

他人の評価はおおよそ自分が言われたくない評論をされた時に気になるものです。

自分が言われたくない評論は、自分自身で認識しています。

「こんなこと言われるかも…」という懸念です。

つまり、他人の評価が気になるのは、自分の中で懸念していることが多い時なのです。

そうなると、懸念を払拭するように努めることが大切になってきます。

私は、考えうる反対評価に反証できるだけの事前対策をして、その後はスッキリ忘れるようにしています。

「出来る限りの事はやったのだから、もういいじゃないか」という考え方です。

あらかじめ相手の低評価を想定して、先回りする。

先回りの努力を精一杯やったら、吹っ切れる。

このような過程が大切だと思います。

(2)評価の線引きを行う

他人の評価には、あてになるものとあてにならないものがあります。

そこで今度からは、他人の評価を評論するようにしてみましょう。

論点は4つです。

  1. 愛はあるか?
  2. 建設的であるか?
  3. 根拠はあるか?
  4. 論理的であるか?

一つでも欠けていたら、耳を傾ける価値はないのです。

参考になる意見は概ね上記4点をすべて含んだ評価になっています。

この基準に照らして評価を評論するようにすると、「もっとまともな評論をしろよ」と思うケースが多くなるはずです。

それだけ人様の評価はあてにならないのです。

(3)全員から好かれる人はいないと心得よ

どんな人徳のある人でも、一定割合で嫌われています。

どういうことかというと、心の綺麗な人は悪人から嫌われているのです。

「どうせあの行為は偽善」だとか「いい子ぶってムカつく」だとか、嫌うのが普通です。

そう、どんな人であれ、全員から好かれるということはないのです。

昔の私は100%の良好な人間関係を目指していましたが、そんな願いは叶うはずがありません。

だって、到達不可能な領域なのですから。

もしあなたが、嫌いな人からの評価に悩んでいる時には、この項目を思い出してください。

「全員から好かれる人はいないし、好かれる必要もない」

これを呪文のように唱えると良いでしょう。

(4)好きなように生きると決めよ

そもそも、他人の評価を気にしすぎる人は、他人軸で生きている人です。

「親から言われたから」

「周りもそうしているから」

そういった理由で人生を歩んでいます。

しかし、このような生き方では、自分に自信が持てなくなってしまいます。

そこで今日からは、「好きなように生きる」「自分のわがままを通す」という訓練をしていきましょう。

何もいきなり会社を辞めて好きなことをして生きろとは言いません。

他人は低評価だけど自分にとっては高評価のコンビニのお菓子をみんなの前で褒めてみるだとか、自分が死ぬ前までにやりたいことを発表するだとか、そういった小さなことからわがままになるのです。

このような言動を重ねていくと、必要以上に他人の評価が気になることはなくなりますし、何よりも自分を大切にしている安心感を得ることができます。

バックグラウンドとして、あなたは自己評価が低いので、このような言動を繰り返していくと、他人の評価が怖いというレベルから抜け出すことができます。

まとめ

  • 他人の評価は自分勝手な上に無責任なので聞く価値がない
  • 低評価の先回りを一生懸命やって後は忘れる
  • 評価を評論する
  • 全員から好かれない原則を思い出す
  • 好きなように生きると決める

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件