無料セミナーには行くな

ちょっと待った!今、あなたは無料のセミナーを探していませんか?しかし、それは危険なんです。

お金が無いから無料セミナー?

「お金が無いから、無料のセミナーを探しています…」

ようするに、無料のセミナー情報を検索している人は、こういう状態なのだと思います。

「どこかに無料でレクチャーしてくれる、そんな親切な人はいないかなぁ…」

結論から言いましょう。

無料でセミナーが開催される場合は、ほとんど裏があります。危険です。

一番多いのは、高額なバックエンド商品の販売です。

バックエンドとは、無料セミナーを餌にして人を集め、そのあと高額商品の販売を仕掛ける販売手法のことです。

「いや、自分は断るから大丈夫」

あなたはそう思いましたか?

いいえ、セミナー終了後、ワンツーマンや2対1などで購入を持ちかけてきます。帰らせてくれません。

しかも、「これに申し込めば確実に儲かるから、当然申し込むよね?」という体で迫ってきます。

蓋を開けてみると、なるべくお金をかけたくなくてセミナーに参加したはずの人々が、高額の契約をさせられて帰っていくのです。

なんとも皮肉な話です。

無料だから中身も無い

よく考えれば当たり前ですが、無料なので、大したことは言ってくれません。

それはそうでしょう。公的機関やボランティアの一環なら話はわかりますが、そうで無い場合はタダ働きになるのですから、大したセミナー内容にはなりません。

セミナー参加者もお金の無い人たちですから、名刺交換をして仕事を得ようとしてもその実りは無いでしょう。

ですから、仮に押し売りの無い無料セミナーであっても、得られるものは全くありません。

時間の無駄です。

バックエンドがある場合には、目も当てられません。

セミナーにはお金をかける

実際には、セミナーにはお金をかけたほうが良いのです。

高い値段のセミナーのほうが、相応の内容と相応の名刺交換の機会が得られます。

もちろん、信頼できる主催者であるということが大前提ですが、そうであれば、あなたの得たい情報が得られる上、人脈も広がるでしょう。

そう考えると、セミナーは本来、攻めのツールですね。

決して、無料の類で情報を得る場ではないということです。

「セミナー=無料がいい」などと思っている人は、自身のためにもその考えは捨てた方が良いと思います。

無料のセミナーには行かないことと、肝に命じておきましょう。

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件