なぜ婚活パーティーって男性の料金が高いの?

男女平等のこの時代になんで婚活パーティーの料金は女性の方が安いのか?男性は高いのか?その力関係を見ていきたいと思います。

若い女性というだけで有利

結論から言うと、恋愛の世界では若い女性が有利です。

これはれっきとした事実です。

理由としては、追いかける男子が多く、若いだけでチヤホヤされる傾向があること、次いでコミュ力の高さが挙げられます。

(1)追いかける男子が多い事実

昨今、草食系男子だの絶食系男子だのと言われていますが、全体的な傾向として「男子から女子にアプローチすべし!」という暗黙の了解があることは明々白々です。

だからこそ男子が「めんどくせーな」「男女平等の時代に時代錯誤だよ」と言って、自分からアプローチしなくなった人の割合が増えたのですが、それはやはりそういった暗黙の了解があることの証左です。

まだまだ「男性はガンガン行け!」みたいな風潮が残っています。

そうなると自然に女性側が有利になります。

選ぶ立場と選ばれる立場。

なるほど、婚活パーティーで男性の方が値段が高いわけです。

ただし、この傾向は時代が進むにつれて廃れていくでしょう。

だって追いかけるべき道理が見当たらないのですから。

(2)若いうちはチヤホヤされる傾向

女性が若いうちはチヤホヤされます。

今、30歳以下で「別にチヤホヤされていないけど?」と思っている人は、自分が中年に近づけば近づくほど自覚し始めます。

「やっぱり若い頃の方がモテてた!」と。

この傾向が顕著であることから、30歳以上になって急にモテなくなり年齢を呪う女性が出てくるのです。

ある女性は「若い頃もっと積極的に恋愛すべきだった」と後悔し、またある女性は若い女性を見るといじめはじめます。

社内であれ家庭内であれ、それだけ若いことへの渇望が生まれるのです。

ですから、今、若い女性は「自分はラッキーな時間を過ごしているんだ」ということに気づいて、恋愛力を上げる努力を怠らないでください。

女性全般のモテ期はあっという間に過ぎ去っていきますので。

(3)女子は男子よりもコミュ力が高い

一般的に女子は男子よりもコミュニケーション能力が高いです。

それは女性コミュニティの中で生きていくために必要だからだと推測されますが、これは有利ですよ。

だってコミュ力は恋愛力の一要素なのですから。

現に多くのモテない男子はコミュ力のなさを嘆いています。

会話を楽しめるほどのコミュ力がないと、恋愛はしづらくなりますからね。

でも、一部地域を除く女子は大丈夫なのです。

コミュ力もあるし、清潔感のあるファッションもできるし、基礎的な恋愛力はあるのです。

モテない男子なんか、コミュ力はないわ清潔感はないわ散々なわけです。

ですから、こういった観点からも女性の優位性が見えてくると思います。

女子の告白は実りやすい

こういった背景があるので、婚活パーティー代は当然のごとく女性の方が安いのです。

それだけ女性は優位なのです。

モテない男子の多くは「コミュ力なし・ファッションセンスなし・恋愛の知識なし」という状態なので、恋愛力においては、一般的な女子の足元にも及びません。

それに加えて男子は女子を追いかける傾向がまだ残っていますから、女性が有利になるのは当然でしょう。

ただし、女子のみなさんは勘違いしないでください。

これは若い頃の話で老いてくると話は変わってきます。

有利なのは若い頃だけ。

だからこそ、若さにあぐらをかかないで、目の前の恋愛を目の前の人生を一生懸命歩んでください。

いい人がいたら、アプローチしてみてください。

女子の告白は男子よりも実りやすいので。(データ的にも実感的にも。)

期間限定のボーナスであることをもっと自覚できれば、若い女性が老いてから後悔するケースも少なくなることでしょう。

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件