お金持ちになるために気をつけるべきことを映画『億男』で悟る

お金持ちになるために気をつけるべきことを映画『億男』で悟る

映画『億男』を通じて、お金持ちになるために気をつけるべきことやお金との付き合い方を再確認したいと思います。

映画「億男」を観て

先日、映画『億男』(おくおとこ)を観てきました。
手に入れた大金(宝くじの当選金)を題材にして、お金との向き合い方を探るというおもしろいコンセプトの映画です。
さて、この映画で私が最も「真骨頂だな」と思ったのは「お金に翻弄されない方法を悟れる」点です。
悪徳商法のシーンでは、もろに「詐欺被害に遭わない方法」を学べますし、守銭奴になった女性のシーンを見れば「お金に使われない大切さ」を知ることができます。
主人公は、大金とともに消えた親友を追いかけていくうちに、お金との接し方を悟っていくのです。

お金を使ってもお金持ちにはなれません

悪徳商法のシーンでもあったように、お金を使わせようとする、あるいは金銭感覚をなくそうとするのは、単に自社の商品を売りたいからです。
これは常套句で、ハードセールスを得意とする売る側の世界では常識です。
収入の上限を上げるために、低いマインドを改善するだとか、投資の意識を持たせるのはいいです。
でも、「お金を使え!使えば使うほどお金は増える!」って、そんなわけないでしょ。
「神社ミッション」(賽銭箱に万札入れる)だとか、「お金持ちの体験をするためにお金を使おう!」だとか言ってるのは笑止千万で、富の法則に反します。
富の法則とは、『堅実な生活をしながら、貯める・増やす・活かす』ことです。
いくら収入を増やしても、バケツの底に穴が空いていたら、お金は貯まりません。
お金が貯まらないと投資や起業ができません。
投資や起業で利益が上がらないと、お金を自由に使えません。
「お金を使って、お金持ちの体験をしよう」というのは、実際にはお金が減るだけで、お金持ちから遠ざかります。
これが真実です。
寄付に関しても、各自できる範囲でやれば良いのであって、寄付をしたからといってお金持ちになれるわけではありません。
自力でお金持ちになった人は、支出を抑えた上で、貯めて、増やしたのです。
その上で、寄付をしてお金を活かしているのです。
この富の法則は絶対で、これを守らずしてどうやってお金持ちになれるのか、あるいはお金持ちであり続けられるのか、問いたいところです。

すがる者は騙される

映画の話に戻りますと、「もうお金がないんです!!どうすればいいでしょうか!!」という人々が、次々とお金を失っていきます。
人生というのは、何かにすがった瞬間に騙されるものだと思ってください。
仮にその対象の人物や団体が良心的であったとしてもです。
なぜならば、依存状態だと自らの力で物事を判断しなくなってしまいます。
そのうち、「これをすればお金持ちになれる」という楽な道に逃げて行き、良心的な人々とも別れ、自ら悪徳商法の世界に足を踏み入れてしまうのです。
ですから、そういった依存的関係を作るのは危険なのです。
それが最初から悪徳業者だったら目も当てられませんしね。

金銭的余裕と心の余裕

結局主人公の「家族と再び暮らす」という夢は叶いませんでした。
彼はお金にとらわれていたのです。
物事の行動基準がお金になり、それにうんざりして妻が逃げ出す。
よく、「愛よりお金。だって、お金で揉めたりするじゃん」という人がいますが、それはその人の心がお金に支配されているからです。
この妻は借金まみれでもこの家族とともに乗り切るという意思がありました。
でも、夫の「金がないから…」の連呼にうんざりして、別れを決意してしまったのです。
もし、夫婦ともにそういった意思があって、お金ファーストの価値観でなければ、うまくやれていたのです。
お金との付き合いとは結局のところ、「温かい眼差しを持ちつつ、一定の距離を置く」というのが推奨されるスタンスです。
先ほど言った通り、依存的であってもいけません。また、無視したり、敵対視してもいけません。
自分の子供を見守るような感覚でお金と付き合った方が良いでしょう。
で、ないと心の余裕をも奪われ、大切な何かを失いかねませんから。

お金持ちになる前に

お金持ちになる前に大切なのは、

  • 富の法則を厳守すること
  • 何かにすがらない
  • お金と正しい付き合い方をする

という点です。

堅実な生活をしよう。貯める増やす活かすというお金の扱い方を徹底しよう。
切実に何かにすがったり、依存的な関係を築くのはやめよう。
お金とは距離を保ちつつ、温かい眼差しで接しよう。

「富の法則を守る」「依存しない」「お金は自分の子供」

こういった点を意識さえしていれば、お金持ちになる前に気をつけるべきことをクリアできます。
今日から意識して生活してみてください。
本多静六氏も、書籍『バビロンの大富豪』もそうですが、先人から言い伝えられている再現性のある方法こそ、あなたが実践すべき蓄財法なのです。
簡単そうで新しそうな方法には飛びつかないことです。
堅実に、富の道を切り開いていきましょう。

お金カテゴリの最新記事