男子に嫌われる女子の会話あるある

男子に嫌われる女子の会話あるある

男性に嫌われがちな女子の会話あるあるを通じて、男性から好かれる会話術を探っていきたいと思います。

(1)結論ありきで話す

例えば恋愛相談をしたとしますよね?
男友達は真摯に話を聞いています。
そこで、自分が思った通りに「その男はやめたほうがいいよ」とアドバイスしたとします。
すると女友達は不機嫌になっていきます。
なぜならば、彼女は「とりあえず、その男性に会ってみたら?応援してるよ」と言って欲しかったからです。
女子は本当にこのパターンが多い。
「えっ?恋愛相談に乗って欲しい、男性の意見が聞きたいって言うからアドバイスしたのに…」
本当の目的を知ると、男性はげんなりしてしまうのです。
同じようなケースで、「ただ共感して欲しかったのにアドバイスされた。いらない」という女子の意見があります。
でも、これって男の感覚したらありえないことです。
よく言われる通り、男は目的を遂行するロジックを大切にしている節があります。
ですから、女子の「私の気持ちを察して共感するなり励ますなりアドバイスするなりして」というのは、男子からすればかなりきつい(難しい)案件となるのです。
できれば、相談事を男友達にする時には、特定の答えを期待しないでください。
男は女子の結論ありきを見抜けません!

(2)校長の挨拶みたいな会話

だらだら長い、起伏に乏しい、結局結論は何?
校長の挨拶みたいな会話は、女子同士の会話ではよくあります。
男子が女子への不満に挙げることとして根強いのが「会話がつまらない」です。
つまらないと言っても、話術というよりは話の展開を指していると思います。
先ほども言いましたが、男は目的意識が高い。展開で言えば「結承転提」型。結論ありきで、話の締めに言いたいことを持ってきます。
対して女子は「起承転結」型。物事を順番に話していきます。
これが、そもそも両者のすれ違いを生む原因になっていると思います。
どちらがいい悪いということはないです。
でも、男性相手に男性的な話し方ができると、男性の食い付きがよくなると思います。
例としてビジネスシーンを挙げましょう。
あなたが商談に臨む時に、雑談をだらだら続けて何も合意せずに帰るなんてことはないでしょう?
目的を持って、それに向かって商談を組み立てるはずです。
ところが、女子の会話テイストで男相手に商談すると途端に失敗します。
これは私のケースですが、女子との会話に慣れすぎて、当時の商談で「共感」や「同調」重視の会話をした結果、「だからそう言ってるじゃないですか」「で?」と、半ば怒られたのです(泣
「やっぱり女子テイストの会話を男性相手のビジネスシーンでやると嫌われるわ」と男性ながら感じたのですw
「そんなの、当たり前でしょ〜」
そう、ビジネスシーンでは多くの女子も男性的な会話になりがちになる。
つまり、ここで大切なのは、恋愛シーンでもビジネスライクに会話する意識を持つということです。
男性との溝を埋めるにはこれしかありません!
端的に言えば、男性が好むのはビジネスライクな会話なのです。
でも、ここで一つ注意点が。
完全に論理的な話しぶりや展開にすると、女性らしさがなくなってしまいます。
それはそれで魅力がなくなってしまうのです。
ですから、女子特有の会話の型は崩さずに、要素だけを取り込む。そんな感覚でやってみてください。
そうすれば、男性からも好かれる女性になれると思います。

女性向けカテゴリの最新記事