あこがれの異性からモテるファッション術

あこがれの異性からモテるファッション術

憧れの異性から「素敵だね!」「センスあるね!」と好評価されるファション術があります。ファッションを通じて自分の魅力を高め、モテることは可能です。

影を愛せ、ギャップを生み出せ

自分の影を愛せば性的魅力が高まるとか、ギャップを使えばモテるなどと最近の記事で書きました。

自分の影:女を抱く前に影を抱け
ギャップ:キムタクのかっこよさを手に入れるギャップ活用術

それは主に内面の話ですが、外見も同様です。

自分の影を愛してファッションスタイルを確立し、ギャップを意識すればモテます。

影を愛すファッション

ファッションでいう影とは、嫌いなスタイルのことです。

「どうしてもアメカジは嫌いだ」というジャンル嫌いもあれば、「穴の空いたジーンズなんて履きたくない」というデザイン嫌いもあるでしょう。

どういったファッション・スタイルが嫌かは、各自持っていると思います。

そこで、「こういったファッションは絶対にイヤだ」というファッション・スタイルを切り捨ててください。

切り捨てて切り捨てて、その先にあなた好みのファッションスタイルがあります。

これが主にあなたが着るべき洋服選びの核となります。

妥協しないように注意してください。

ギャップを取り込む

さて、自分のスタイルを確立したら、今度は真逆の分野のファッションを取り入れてみましょう。

「え?真逆の分野って、苦手なファッションなんだけど…」

そう、自分好みの分野とは真逆の要素を持った分野のファッションは、相容れません。ですから、多くの人は「真逆の分野=苦手分野」となるでしょう。

しかし、苦手分野は宝の山で、開拓するとあなたの魅力を高めることができます。

どういうことかというと、例えば、真面目な人は硬いスタイルの服を好みます。

ですが、真面目な人が真面目そうな服を着ても、何の魅力も高まりません。

しかしここで、真面目そうな人が「硬い服+アメカジ」みたいな組み合わせを取り入れると、盛んに「おしゃれだね」「似合ってるよ」と評判になります。

理由は単純で、真面目な人が真面目な服を着ると、真面目な要素が打ち消されてしまうからです。

ところがここで、アメカジなどのカジュアル・スタイルを取り入れると、カジュアルなスタイルがあなたの真面目さ・誠実さを際立たせてくれるのです。

かわいい子ほど、大人のファッションを!

同じことはかわいい子にも言えます。

もし、かわいい子が大人びた服を着たら、男子はドキッとしてしまいます。

それは、大人びた服がかわいい子の可愛らしさを際立たせるからです。

私も、これを意識してファッションを褒められるようになりました。

以前は「マジメ&マジメ」で自分の良さが打ち消されていました。

しかしカジュアルさを取り入れたことにより、自分の魅力であるマジメさを際立たせることができたのです。

もちろん、複数のスタイルを取り入れて着こなすということは、単純に言ってファッションセンスを高める行為です。

ですが良い効果はそれだけではなく、自分の内面の魅力さえも引き出してくれるのです。

自分のスタイルを確立したら、そのスタイルとは正反対と思われているファッションを取り入れてみてください。

自分のスタイルを主とし、正反対をワンポイントとすれば、誰もが取り組みやすいと思います。

例えば、トップスを自分好みにして、インナーを正反対にしてみてください。

すぐにおしゃれになれるでしょう。(できれば、ファッションセンスのない男が、女子から「おしゃれ認定」された方法も参照してください。)

もし、苦手分野じゃなくて嫌いな分野だったら?

ちなみにですが、もし、正反対のスタイルが苦手分野ではなく嫌いな分野だった場合はどうすれば良いでしょうか?

その場合は、配色のギャップでトライしてみてください。

オシャレじゃない人って、配色が偏るんですよね。

寒色と暖色のバランスを意識してみてください。

「自分のスタイルの色 8:2 正反対の色」にするだけで、だいぶ印象は変わりますよ。

男女共通カテゴリの最新記事