童貞を卒業してわかった!ここがヘンだよ童貞あるある6選

童貞を卒業してわかった!ここがヘンだよ童貞あるある6選

私が童貞を卒業してわかったことがあります。6つの童貞あるあるを通じて童貞の非常識と改善方法を見ていきましょう。

(1)典型的なコミュ障だが一般人を装っている

私は様々な記事で恋愛力にはコミュニケーション能力が必要だと言っています。

モテ男のブログなんか見ても、コミュニケーション・テクニックの話ばかりです。

なぜならば、コミュ力を上げれば上げるほどモテやすいからです。

それほど重要な能力なのですが、多くの童貞は極端にコミュ力が低いのです。

低いというよりコミュ障というレベルの人も散見されます。

こうなってくると女性側から「頼りない=リードできなさそう」という印象を与え避けられますし、何よりも自分からアプローチできません。

印象も悪いし、印書の悪さを払拭するだけの行動も取れない…。

そうなると自由恋愛シーンではきつくなってしまうのですよね。

ただ、現実的に恋愛を楽しむには、ほどほどのコミュ力で大丈夫なんですよ?

特段、達人レベルの恋愛力を身につける必要はなくて。

だって周りの旦那さん見てください。

みんなコミュ力が異常に高い出来杉くんタイプとかお笑い芸人タイプの人々ではありませんよ?

いたって普通のコミュ力の男子ばかりです。

ですから今現在コミュニケーション能力のなさを実感している人であれば、ちょっと訓練するだけでOKなのです。

それで十分に恋愛を楽しむスタートラインに立てます。

基礎的なコミュ力を身につけるには堂々たる男になりたいですが自信がありませんの記事をご覧ください。

(2)変な理由をつけて恋愛を抑制

童貞歴が長くなればなるほどこじらせるのが、変な理由をつけて恋愛を抑制することです。

やれ「自分は完璧な男ではないからまだダメ」だの、やれ「今は彼女(アイドル)を全力で応援したい」だの、謎理論を自分自身にふっかけて恋愛を抑制します。

でもそれって、「ろくな女はいない」「出会いがないだけ」「おれはイケメンじゃないから」と一緒で、単に逃げてるだけです。

なんとなく聞こえが良い(?)ように聞こえるだけで、実際はただの言い訳です。

完璧な男でなかろうが応援しているアイドルがいようが恋愛はできます。

男も女もそうですが、恋愛するなら若い方が有利なのが事実。

同じ属性で高齢者と若者を比べたらやっぱり…ね。

ですから、若いうちから恋愛を回避するような癖を身につけないでください。

もしあなたがそういった傾向にあるのであれば、頭の中で論破する癖を身につけてみてください。

例えば、なにか逃げるような思考をしてしまったら「それって本当?」と自分に問いかけ論破してください。

論破してもまた「だって…」と言い訳が出てきたら「でもそれって…」と再び論破してください。

これを繰り返すことにより、恋愛から逃げる体質を改善できます。

(3)寂しいがプライドは高いので積極的に行けない

やっぱり人間って一人じゃ生きていけない。

だれかと繋がりたいものなんです。

その最たるが異性でしょう。

恋愛やエッチをすれば、寂しさは紛れます。

童貞であることを「知られたくない」「嫌だ」と思っている人は、きっと寂しがり屋の一面があると思います。

本当は童貞を卒業してスキンシップやコミュニケーションをとりたい…。でも、自分から行くのはちょっと…。

こんな心理的傾向はありませんか?

私が童貞の頃もそうでした。寂しがり屋のくせにプライドは高いのです。

だから寂しさを押し殺してプライドを守っていました。

でも、今では自分からアプローチしないなんて考えられません。

この違い(変化)はいったい何だろうか…?

そう考えると、「失敗したときに赤っ恥をかかないための自己防衛」だったのかなと今では思います。

たしかにアプローチに失敗すると多少は落ち込むでしょう。特に告白して断られたら悲しいです。

それは今でも変わりませんが、みんな勘違いしているのは、恋愛の成功は一か八かだと思っている点です。

実は、恋愛の成功で大切なのは、はじめにどれだけ相手女性の好感度を上げておくか(好きにさせるか)なのです。

それからお食事デート等のアプローチをすれば、高確率で断られません。

私はこの方法を身につけてから、アプローチすることが恐くなくなりました。

みんな清水の舞台から飛び降りる感覚で恋愛を始めようとするから積極的にいけなくなるのであって、階段を一段飛び降りるぐらいにハードルを下げれば良いのですよ。

それこそが恋愛を楽しむためのコツなのだと思います。

(4)理想だけは高い

私は理想は高く持っても良いと思いますよ?

ブサイクが美人と付き合ってはいけないのでしょうか?

そんなことはありませんよね?

また、ブサイクが美人と付き合ったケースはないのでしょうか?

そんなことはありませんよね?美女と野獣カップルは普通にいます。

ですから、理想を高く持つこと自体に問題はないのです。

問題なのは、「釣り合う何かをもっていない」ことと「本当に本心なのか?」ということです。

まず、釣り合う何かとは、顔や収入を指すわけではありません。

女を抱く前に影を抱けでも言いましたが、その女性にとってあなたがいなくては困る心理的影響を及ぼせたかが重要なのです。

好きにさせれば、美女だろうがアイドルだろうが恋人になってくれるわけです。

その人のネックをうまく愛してあげてください。

そうすれば、相手女性と釣り合う心を持つことができます。

次に、本心かどうかですが、価値観って人それぞれなのです。

みんながみんな「巨乳美女」をお付き合いの第一条件にしているわけではないのです。

「いやいや、男はみんな美貌とスタイルを兼ね備えた女性がいいに決まってるでしょ?」と思っているのなら、それは周りの男の価値観や世間の価値観に流されているだけです。

「本当に美女じゃなきゃいけないの?」「本当に巨乳じゃなきゃいけないの?」

自分に問いかけてみてください。

もし、少しでも「う〜ん」と悩んだら、それはあなたの本心ではありません。

別の最重要条件が隠されています。

ただ、その最重要条件というのは、何人かの女性と付き合って初めてわかります。

価値観と価値観がぶつかり合って、「俺って、この条件が本当は大切なんだ」というのがわかるからです。

最初は美人であることが大切だと思って美人と付き合ったけど、実際は性格がきつくて「優しい性格の子のほうがいいや」となり、顔は普通の優しい子と付き合ったら案の定うまくいった。

こういったケースはよくあります。

ですから、本当の結婚条件を見つけるために積極的に恋愛をするべきなのだと思います。

(5)ヤリチン野郎を軽蔑し見下している

クラスで1番の可愛い子がヤンキーと付き合い始めた…。

こうなると童貞の怒りは収まりません(笑)

「なんであんな奴と付き合うのか?」「俺の方が幸せにできるのに!」

父親じゃあるまいし、(心の中で)口を出すわ出すわ。

そもそも童貞の多くは、ヤリチン野郎(浮ついている男)に対してライバル意識を持っています。

実際はライバルでも何でもないですが、軽蔑して見下しています。

「俺の方が誠実」「俺の方が女性を大切に扱う」

でも、実際に選ばれているのはヤリチン野郎なんですよね…。

それは単にあなたが恋愛の仕方を理解していないからです。

やり方がわからないからただボーっとしているだけ。

これではヤリチン野郎には勝てませんよ。

あなたが思っている通り、真面目さとか優しさとかは誇るべき性格です。

でも、それをアピールしないことには始まりません。

現に、結婚する段階になって多くの(マトモな)女性はヤリチン野郎を避けるわけです。

でも、婚活市場では真面目な男性が多く取り残されている…。

これは自分の長所の活かしたがわかっていないからという側面がかなりあると思います。

本当は結婚適任者なのに結婚できない…。

それは単に恋愛のやり方がまずいだけです。

対してヤリチン野郎は(本当はヤリたいだけだけど)積極的に行動しますし、その過程で自分のいいところを見せ、相手のいいところを褒め、やさしく語りかけます。

で、一定割合の女性が騙されます。

ビジネスで言えば悪徳業者なのだろうけど、売り方(恋愛の仕方)には熟知していてうまいわけですよね。

ヤリチン野郎を褒める意図はありませんが、彼らは然るべき行動を起こしている、対してあなたは逃げているという事実には目を向ける必要があると思います。

人間としての素材はあなたの方が上なのですから、あなたも恋愛力を磨けば良いのです。

ただ、それだけです。

(6)同じ趣味だとわかった時の食いつき感

コミュ力はないと言いましたが、同じ趣味だとわかった時の食いつき方は半端ないです(笑)

「これはいける!」と思ったのか、一気に話し始めます。

ここで一つアドバイスすると、もうちょっとスマートになった方がいいと思います。

落ち着いてしゃべる。落ち着いて相手の話を聞く。

スマート感を出さないと、余裕のない男感が出てしまうので。

それさえ注意すればいいかな?

楽しく会話できるならよいことです。

ただし、相手が同じ趣味なんてそうそうあるわけではないのですから、違う趣味だった時に話を掘り下げる訓練なり上手い人の観察なりをしっかりやることです。

まずは仲良しグループだけの中でも会話の練習をしてください。

最終的に流暢に喋れる必要なんてありません。

私だって未だに噛み噛みです。でも、それでも女性には苦労しないのです。

一般レベルの雑談力を持つために、同じ趣味であろうがなかろうが会話を楽しめるようになってください。

そうすれば、童貞卒業へ大きく一歩前進です。

男性向けカテゴリの最新記事