キムタクのかっこよさを手に入れるギャップ活用術

キムタクのかっこよさを手に入れるギャップ活用術

整形以外でキムタクのかっこよさを手に入れる方法があります。それは、ちょっとしたギャップを真似ることです。

キムタクのかっこよさ

かっこいいの代名詞と言えばキムタクです。

個人的には別にどうも思いませんが、あれだけ世間がはやし立てれば「そうなのかな?」と思ってしまうものです。

顔はもちろんですが、ドラマでの活躍が大きいのかな?とも。

ただ、ですよ、そんな私でもキムタクのかっこいいシーンというのを見たことがあります。

「ちょ、かっこいいじゃん!」っていうぐらいの。

もちろん、ドラマシーンではありません。

もちろん、かっこいいフェイスに惚れたとかいう話でもありません。

それは、ギャップです!

ギャップに惹かれる

「ギャップに惹かれました!」とは、よく聞くあるあるネタですよね。

「厳しかった先輩が優しくしてくれてキュンとした」みたいな。

それまではギャップの魅力っていまいち分からなかったのですが、キムタクのある言動を見たときから私は変わりました。

「すごい!これは(恋愛で)使える!!」

ギャップってけっこう瞬殺力もあるので、本当に使えます。

私も意識してやっているぐらいですから。

で、そのキムタクのギャップですがこんな感じでした。

最初はおちゃらけていたんです。ユーモアで。でも、そのくだりが終わると一転して元のかっこいい感じの立ち振る舞いに戻ったんです。

「か、かっこいい///」

どの番組のどのシーンかは覚えていませんが、まぁこんな感じです。

普段キムタクはかなりかっこつけてるほうだと思います。そこはやりすぎかな?と思っていますが、上記のギャップは参考になりますね!

『ユーモラスな言動からのかっこいい立ち振る舞い』

これは使えますよダンナ!

だって、ずっとかっこつけてると1周回ってダサいです。

でも、ちょっとユーモアを挟めばあら不思議!なんだかグッと惹きつけられるのです!

ギャップ萌え恐るべし。

ギャップを生かす術

これはもちろん女子でも使えるわけで、終始にこやかよりも、凛とした言動を続けた後に「ありがとう」とやさしくにっこりされると胸キュンなわけです。

ですから、例として「かっこいい立ち振る舞い」からの「やさしさ」からの「かっこいい立ち振る舞い」って感じで日常を送ると良いのです。

本当にギャップっていい。ギャップを見せると自分の素材を活かしてくれるし、自分の魅力を最大化してくれます。

『「普段の自分」から「普段見せない自分」を見せたら直ちに「普段の自分」に戻る』っていう方程式に従えば、あなたも相手をギャップ萌えさせることができるでしょう。

ただ、これが逆になると続かないと思います。

ようするに、普段見せない自分と普段の自分を入れ替えてしまったパターンです。

人を笑わせることが好きな人なら、おちゃらけた自分からかっこいい自分を一瞬見せるというふうにしたほうがいいですよ。

無理やり日常をかっこいい自分にして、時折おちゃらけるなんて続けられないでしょう?

ですから、普段の自分とは違うギャップを一瞬見せればいいんです。

ベースはあくまで普段の自分。そして、時折「かっこよさ」や「やさしさ」や「ユーモア」を差し挟む。その直後、すぐに素の自分に戻る。

これをやれば良いのです。

キムタクの顔や地位は手に入りませんが、かっこいい言動なら手に入れられます。

ぜひ、あなたも、今日からギャップ萌えに挑戦してみてくださいね。

男性向けカテゴリの最新記事