いろいろな女性からモテる行動テクニック

いろいろな女性からモテる行動テクニック

多くの女性から嫌われずに、むしろ好かれてモテたい…。そんな願いを叶える行動テクニックがあります。ある判断を颯爽とすればよいだけです。

意見相違ばかりだとモテない

何事もそうですが、「女性の間で意見が分かれており、どう対応すれば良いのかわからない」ということがあります。

「そりゃ、自分の意見を言えばいいじゃない」という意見もごもっともですが、なるべく色々な女性からモテる為には恋人候補を絞り込みすぎてはいけません!

主張すれば意見に賛同する人と賛同しない人に分かれてしまいます。

そして、このような言動を積み重ねていけば、多くの女性からモテるという願いは絶たれます。

「女々しいやつだな〜」

でも、モテる為には、議論を呼ぶ主張をしすぎるのは考えものなのです。

そこで今回は、色々な女性から嫌われずにモテる「行動テクニック」をお話ししたいと思います。

嫌われずにモテるには?

いろいろな女性から嫌われずに、むしろ好かれてモテたい…。

そんな方法があります。

それは……「かっこよく無難な道を選ぶ」です。

「はぁ?無難な道を選んでいる段階でかっこよくないでしょ?」というツッコミはさておき、見た感じが重要なのですよ、奥さん!見た感じが!!

例を出しましょう。

(1)割り勘問題

割り勘問題が根深いのは、女性側も割り勘をヨシとする人とヨシとしない人がいるところです。

どっちかわからない場合は、かっこよく無難な道を選びます。

そう、かっこよく奢るフリをして割り勘になるのを待つのですw

なんて小賢しいのでしょう。

でも、これをやれば割り勘肯定派はそのまま。割り勘否定派はお財布を出します。

最初から「俺は割り勘しかダメ」あるいは「絶対に奢りたい!」などと主張してしまうと、合わなかった時にイザコザが起きます。

当初はこれで様子を見て、金銭感覚の合う合わないを判断していけば良いでしょう。

(2)どっちが似合う?問題

ショッピングデートでの「どっちが似合う?」という悪魔のような質問がありますね?

本当に迷っているパターンなのか、最初から決めているけどあえて聞いているパターンなのか…。

「んなの、わかるわけねーだろ!」というのが男の総意ですが、不正解を言うわけにはいきません。

最初から決めている場合で不正解を言うと、ご機嫌を損ねます。

そこで、無難な道です。わかんなかったら「どっちも似合ってるよ〜」路線でいいんです。

ただし、細かい話になりますが、信ぴょう性を持たせないとダメですね。

「こっちの色はこういう理由で似合ってるし、こっちの色はこういう理由で似合っているね!どっちも似合ってるよ」という感じで、ごまかしてください。

「どっちも似合ってるよ〜」の一言だけだと、「ちゃんと見てたの!?」と怒られます(泣)

恋愛界を賢く生き抜く

こういう感じで、恋愛で迷ったら無難な道を選べばいいんですよ!かっこつけてね!

かなりショボいテクニックですが、無難な道を選べば嫌われません。さらに、それをかっこよくやると「女心がわかってる!」扱いになります。

「ダメだよ。男は自分の意見を持ってなきゃ!」

それはそうですが、恋愛の成功率が下がります。

意見を主張するということは、片方を得る一方で片方を失います。

それが間違っているわけではありませんが、なるべく恋人候補の門戸を広げたいという恋愛戦略の方には、この方法はうってつけでしょう。

「たけぴっぴって超、器が小さいw」

言わせておけばいいんですよ。結果が全てですから。

テスト結果が100点じゃないけど、余裕の表情で喜んでいれば「あいつ、高得点だったらしいぜ!」ということになりますから。(私の学生時代の実例ww)

時には(困った時には)できる男に見せかけることも必要ですよ。

毎回100点はとれませんからね!(笑)

男性向けカテゴリの最新記事