「俺は女を抱きたいんだ!うぉおおーーー!!!」と心の中で雄叫びを上げている、そこのあなた。女を抱くためには影を抱くことが大切だって知っていますか?

女の影を抱く

女の影を抱く。似たようなことは、外見より内面?正しい女性の褒め方童貞が考えてはいけない女性へのイメージでも記述しましたが、女性の(心理的な)影を受け入れることがまず大切です。

例として、遊び人の男を挙げたいと思います。

彼らが女を吊る手口は決まっています。

長時間の会話に持ち込んで、女性の影を探し当て、そこに共感的理解を示して、あとは力技でベッドインに持ち込むのです。

これはお決まりのパターンですし、イケメン以外のモテ男だって結局はこのパターンです。

外見で一目惚れをさせることは無理だから、会話テクを使って女を落とすのです。

そのキモが、「女の影」なのです。

なぜ長時間の会話に引きずり込むのか?影を見るためです。

だっていきなり自分の負の側面をさらけ出す人はいませんからね。

ですから、女を抱きたくて仕方がない男子にアドバイスするとすれば、「まずは女の影を抱くこと」(影を愛して受け止めてあげること)が大切であると、声を大にして言いたいのです。

自分の影を抱く

ただ、上記のことは他の記事でも言いましたから、もっと言及すると、自分の影をも抱くことが大切だという点にも触れておきたいと思います。

なぜ、自分の影を抱くべきか?それは、色気を出せるからです。

いわゆる「大人の色気」は、悲哀を飲み込んだ時に生まれます。

そう、つまり、自分の影(欲望・絶望・悲しみ・怒りなど、他人に知られたくない自分の感情・思考)を抱いた時、この時に色気は生まれるのです。

ふとした瞬間に色気を見ると、グッと引き寄せられてしまいますよね?

それは男女ともにそうでしょう。

性的に興奮し、恋人にしたいという欲求が高まります。

色気はモテるのに必須とまでは言いませんが、武器にはなります。

相手の影を抱いたら、自分の影も抱いてやってください。

自分の子供を抱くように、無償の愛で、女性と自分の影を抱きしめてください。

影を操るものは、恋愛だけではなく、人間関係やビジネスの上でも役に立ちます。

ですから、このスキルを身につけると、途端に人生が好転するのです。

影の取り扱いでは、遊び人のように悪用する人もいます。ですが、あなたが誠実に扱えば、面白いようにお金・愛・人間関係が良好になるのです。

だから、私はこの話題を何度も取り上げるのです。

影を抱く具体的な方法

さて、女性と自分の影を抱くとしても、一体どうやって抱けば良いのでしょうか?

ポイントは、ジャッジをしないで受け止めるということです。

もし、「こんな自分じゃダメだ!」と思いながら受け止めても、受け止めきれませんよね?

そんなことをしたら、とっても辛い作業になってしまいます。

そうではなく、固定概念や先入観を挟まないようにすることです。

そうすれば、受け止めることはできます。

価値観を排して、ありのままを受け止めるのです。

受け入れる必要はありませんし、拒否する必要もありません。受け止めるのです。

これは、相手の人にもそうでしょう。

あなたの価値観を押し挟む必要はありません。

ジャッジせずに受け止めてあげてください。

「かわいそう」「間違っている」「大変だったね」などという価値観を差し込まないでください。

影は抵抗の傷跡です。何も言わずに抱きしめるような感覚でいてください。

この感覚を大切にして影を愛せば、むこうも心を開いてくれますから。