ムカつく?悲しい?芸能人の交際報道で何を思うかが大切

テレビや雑誌などを通じて知り得る芸能人の交際報道。それを受けて、あなたはどんな感情が芽生えますか?

非モテの思考vsモテ男の思考

よくあるケースとして、「美女とお笑い芸人」や「IT企業の社長とアイドル」といった交際報道があった時に、あなたはどう思うかです。

昔の私なら、「くっそ!」とか「チッ!」とか舌打ちしてました。

今なら「ふ〜ん」とか「あっそ」とかスルーすると思います。

中には「私も興味ないよ!」という人がいるかもしれませんが、その時にどういった感情が芽生えるかが大切です。

「ふ〜ん」と言っても、「ふ〜ん。むかつく」なのか「ふ〜ん。お幸せに」なのかで全然違います。

なんで私がこんなことを言うかというと、負の感情が現れるようだと恋愛でうまくいかないからです。

嫉妬で惨めになる

芸能人の交際報道などを聞いて負の感情が芽生えると、人は自動的に以下のような思考をします。

「私は怒っている。なぜ怒る?嫉妬しているから。なぜ嫉妬?それは自分もそうなりたいから。なぜ、自分はそうなれないのか?それは…」

この段階で、自分自身が惨めになり、悲しくなります。

芸能人であれ友人であれ、街中のカップルであれ、嫉妬するだけで惨めな自分になってしまうのです。

そして、惨めなマインドのままだと素敵な異性は寄ってきません。

素敵な異性は惨めな心境ではないので、今のあなたに共感できないからです。

「この人なんか違う」と、印象だけで恋人審査に落ちるのです。

だからこそ、嫉妬や怒りなどの負の感情で支配されるのは良くないことなのです。

それが、自然と出てきてしまうところに問題があるのです。

負の感情は受け入れて良い

では、どうすれば良いのか?

まず大切なのが、負の感情を受け入れることです。

そう思った自分を許してください。その感情に無抵抗で浸ってみてください。

悲しくなったと思います。でも、無抵抗で感情に浸ると、その後なんだかすっきりします。

これは涙活と同じ原理で、その感情を出し尽くすと違う感情を取り入れやすくなるからです。

例えば、拳を5秒間、強く握ってみてください。

そして、手を広げてみてください。

なんだか手に開放感を感じますよね?

こういうことだと思います。

「考えるな!」とか「ポジティブに!」などという小手先の方法では無理です。根が深いですから。

そうではなく、あえてその感情に浸り、すっと力を抜くのです。

そうすると、負の感情は排除されます。

思考のコントロールをする方法

さて、負の感情を排除したら、ここではじめて思考をコントロールしようとします。

具体的には、その男性の努力と実力を認め、二人の幸せを願うこと。やることはそれぐらいです。

負の感情を排してすっきりしたら、「この人も頑張ったんだな」「お幸せに」と考える習慣を身につけてみてください。

不思議と、前向きになれる自分が出てきます。

こういった思考の習慣は、心に良いものです。

朝起きた直後やお風呂・カフェでくつろいでいる時にもやってみてください。

このような時は、夢見心地の心境なので顕在意識(表面意識)によって邪魔されにくく、意図した思考を受け入れやすい環境にあります。

そのため、このような機会を利用して、思考のコントロール、すなわち癖を正す習慣を取り入れてみてください。

その結果、あなたも芸能人の交際報道を見聞きしても取り乱すことなく、平穏な心境でいられるでしょうから。

そして、そのような内面の人には、同じく内面の素敵な人が寄ってきますから、まもなくチャンスが訪れるでしょう。

そのチャンスを逃さないためにも、思考の訓練をしっかりやっておきましょう。

関連キーワード

人気記事10件

最新の記事5件