女からも男からも告白するな

女からも男からも告白するな

女性からも男性からも告白はしないほうが良いことをご存知ですか?女性はポジションの関係上、男性は恋愛戦略上しないほうが良いのです。

女からは告白するな

時々、女性から男性に告白するという人がいます。

告白を「好意を突然示すこと」だと定義づければ、女性は告白してはいけません。

デートへのお誘いやお付き合いの告白など、最終的な意思決定は男性にやらせてください。

これは絶対です。

なぜならば、最終的な言動・決断を男性にやらせないと、後々の愛され方が変わってくるからです。

「え?お互い好きならば、そんなの関係ないでしょ??」と思うかもしれません。

でも、追いかけられるほうに回った男性は、必ずといってぞんざいな対応ややる気のない恋愛につながってしまうのです。

それほど、追いかけているか追いかけられているかのポジションによって、恋愛観は変わってしまうのです。

やはり恋愛は追いかけられるべき

恋愛で女性は追いかけられるべきなのです。

でも、追いかけたい心境の時はどうすれば良いのでしょうか?

その点、私の彼女は上手かったのでご紹介します。

私に惚れ込んでたそうですが、実質、追いかけていたのに追いかけられるフリをしたのです。

どういうことかというと、まずは「この日空いてませんか?」とアプローチ。

次にデートの約束や交際の可否などの重要な意思決定だけは私に決断するように仕向けたのです。

後々振り返ると、うまいことアプローチされたなと思いました。

私の彼女は確かにかわいい。でも、最初の頃は特別好きではなかったのです。

しかし、彼女のアプローチに応じて最終的な決断を自分で繰り返したことにより、彼女への好意が日に日に強くなっていきました。

そういうもんなんですよ。

やはり、恋愛は追いかけられるべきなのです。

男からも告白するな

翻って、男の場合はどうでしょうか?

やはり告白すべきなのでしょうか?

いいえ、男子からも告白するべきではありません。

結局、なんの準備や確証も得ていないのに告白するというのは負け戦です。

突然告白するのだけはやめましょう。

逆に、もうお互い好意があるのはわかっているけど、確認のために告白するという使い方ならいいでしょう。

そう、一般の人って、恋愛の順序が逆なんですよね。

告白してお付き合いして好きな気持ちを高めるのではなく、好きな気持ちを高めてお付き合いして告白するのです。

ここをわかっていない人があまりにも多い。

まずは好きにさせるのです。次に交流を深めて、事実上付き合っているような状態にもってくるのです。その上で告白してください。あるいは、告白しなくてもいいです。もう、ラブラブ状態なのですから「付き合ってください」なんて今更言う必要もないからです。

男子は、告白せずに済むような恋愛の展開に持ち込まなければならないのです。

それが必勝パターンです。

男女共通カテゴリの最新記事