恋愛はデメリットしかない?実はメリットだらけだった!

恋愛はデメリットしかない?実はメリットだらけだった!

恋愛にはデメリットがあると言われています。でもそれは本当なのでしょうか?男女の恋のデメリットとメリットを徹底的に比較検証したいと思います。

恋愛のデメリットは本当?

ここで、よく言われる恋愛のデメリットを検証してみたいと思います。

「お金がかかる」「ひとりのほうが楽」「時間をとられる」「ケンカばかりで疲れる」というのは本当でしょうか?

男女ともに恋愛をしないほうが良いのでしょうか?

1.お金がかかる

お金がかかるのはその通りです。

毎回おうちデートというわけにはいきませんからね。

しかし、こう考えてみてはどうですか?

交際していない時期は時期で、趣味に2、3万落としていたでしょう?それが交際費に変わるというだけです。

たしかに娯楽費と交際費を毎月一定額以上出すというのは大変なことですから、自分の趣味が制限されると聞くと抵抗を覚えるかもしれません。

ですが、理解のある恋人なら、あなたの趣味に付き合ってくれるかもしれませんよね?

その場合はもちろん、交際費兼娯楽費ということになるわけですから、一石二鳥になります。

どうしても毎回、交際費兼娯楽費という形をとりたいのなら、同じ趣味を持つ人と付き合うという選択肢もありますし。

ですから、お金がかかるというのは正しいのですが、それは解釈次第で、家計が圧迫されるほど全体的に予算が増えるというわけではないのです。

そういう意味で、お金はかかるが心配はいらないと言えます。

2.ひとりの方が楽

ひとりのほうが楽なのはそうでしょう。ただし、孤独ですよね?

これもメリットとデメリットがあって、気軽だけど孤独なのがぼっち。気疲れするけど連帯感を味わえるのがリア充なわけです。

ただ、私としては、いいとこ取りできると思います。

デートでの気疲れの類は、基本的に場数をこなせば慣れてきます。もし、慣れないとしたら、お付き合いしている人と馬が合わない可能性が高いですから、恋愛の価値観を変えれば済む話です。

そう考えると、馬の合う人とお付き合いして、大して気疲れせずに心の充実感を味わえる恋愛をすれば良くないですか?

友達関係でもそうですけど、合う人とはストレスを感じません。しかし、合わない人と一緒にいると疲れます。

ただ、それだけのことです。

3.時間をとられる

「そりゃ、デートするんだから時間とられるだろwww」と私なんかは思いますが、悪いことじゃないですよ?

恋愛のメリットを享受できるわけですから、いいじゃないですか。

ようするに、ひとりの時間が欲しいということでしょうか?

でも、ラブラブな時期なんかは「ひとりは嫌。もっと恋人と会いたい!」っていう風になりますけどね。

私は、「勉強やスキルアップ等のためなら恋愛を犠牲にしてもいいんだ」という考え方に反対です。

二者択一ではなく、いいとこ取りというのは可能だからです。

恋愛をして人間力を増しながら、自分ひとりで好きなことをやるのは可能です。

ベテランの恋人・夫婦になれば、ひとり時間は嫌でも増えますし、そうじゃなくてもデートの日は丸々1日二人でくっついているわけではないのですから、趣味なり家事なりできますよ。

時間を取られるというのは、ちょっと違和感のある意見ですね。

無理に恋愛のデメリットを探している印象を覚えます。

4.ケンカばかりで疲れる

昔の私なんかもそうでしたから分かりますけど、ケンカをすれば疲れます。そりゃそうだ。

でも、それって、恋人選びを間違えているだけだと思います。

私はそれまで『美人で性格のきつい子』とよく付き合っていました。

性格がきついとは、自分の意見を必要以上に主張して、毒舌を振りまく人のことですね。

でも美人だから、付き合っていた当初は嬉しかったんですよね。

しかし、性格のきつい子と付き合っていると、ケンカばかりの毎日です。

来る日も来る日もケンカをして、疲れ果てました。

そこで私の恋愛感は変わり、『マジメでやさしい子』の魅力に気づいたため、そういった子と付き合うようになりました。

するとどうでしょう。ケンカは一切無くなったのです。

これは結局、恋人選びを間違えているか、コミュニケーション能力に問題があるか、という可能性が高いです。

ですから、ケンカばかりで疲れるというのは勘違いだと言えるでしょう。

恋愛はメリットだらけ

結局、世間一般で言われている恋愛のデメリットとやらは、勘違いが多いのです。

解釈なりやり方なりを変えれば、デメリットではなくなります。

恋愛って、やっぱりコミュニケーション能力が鍛えられるので、人間力が増します。

また、恋愛をする喜びは、生き生きとした表情やハリのあるライフスタイルに現れます。

人生を彩るのに、恋愛はもってこいなのです。

恋愛のデメリットを探して、ぼっち生活を正当化することには反対です。

一度、やってみたらいいじゃないですか。怖がる必要はありません。

また、恋愛してみたけど、なんだか面倒だったという人は、やり方を変えてみてください。

試行錯誤して、自分にあったスタイルを確立してみてください。

そうすれば、「恋愛はデメリットしかない」なんていう言葉は出てこないはずです。

恋愛自体に罪はありません。

恋愛への『解釈』や『やり方』を変えれば済む話なのです。

男女共通カテゴリの最新記事